韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-最終回まで感想あり-11話~16話-キャスト相関図や動画あり

韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-最終回まで感想あり-11話~16話-キャスト相関図や動画あり

韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-ネタバレ-最終回まで感想あり-11話~16話

 

 

♡マンナソ パンガプスムニダ♡
韓国ドラマが大好きな主婦のゆーきです♪
お立ち寄り下さりありがとうございます(o^^o)

【ミッシングナイン】
11話~16話のあらすじを感想付きでご紹介させていただきますね♡
最終回まで楽しんでいただけたら嬉しいな?

韓国ドラマ-ミッシングナイン-前回までのあらすじ

治療のおかげで島でのことを思い出したボンヒだったが、そこには辛い記憶ばかりが残っていた。
殺人事件の真犯人のテホは、自身の罪をジュンオに全て被せようとする。
そんなテホと協力する飛行機事故調査チームは、事件の真実を全て葬り去ろうとしていたが、そんな彼らにボンヒたちは立ち向かい真実を追うことを決めるのだった。

 

ミッシングナイン-キャスト&人物相関図はこちらです!

 

韓国ドラマ-ミッシングナイン-11話あらすじ

ジュンオは自身にやってもいないことをなすりつけた実行犯のテホを絶対に捕まえなければと決意しますが、テホ逮捕のためには韓国に帰国する必要がありました。
しかし、追われているジュンオが韓国に戻ればすぐに捕まってしまうため、ジュンオは密入国で韓国に入国し、ギジュンに会いに行きます。
会いに来たギジュンを見るや否や、従うしかなかったと謝り、ジアの命が奪われるのを黙って見ていてられなかったと話すのでした。
そんな中ジュンオとボンヒの周囲に生き残った人物たちが集合し、本当のことを明らかにしなければとテホ犯人だと証明するための計画を立て始めます。
そのおかげでジュンオに罪はなかったと示すことができる証拠をどんどん手にすることができ、犯人でないことを立証できると思っていた一方で、テヒと調査チームの人々はまたもや悪いことを考えいたのでした。

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-12話あらすじ

ジュンオに罪がないことを証明するものがなくなってしまい、ジュンオたちはまたも降り出しに戻ってしまいますが、そんな時テヨンは作曲家であるジェヒョンを殺害した人間を探せ出すのはどうかと考えつきます。
なぜならこのこともジュンオが殺したことにされており、犯人を探し出せばジュンオに罪がな頭ことを示すことができると考えたのです。
ソヒが使っていた携帯は調査チームの代表のヒギョンが持っており、ジュンオたちの元にいかないよう手を回していました。
ですが、チャン・ドパルもこの携帯を手に入れようと考えており、ヒギョンはもしも携帯が渡ってしまった時のことを考え、中にあるデータを復活させようとします。
ボンヒは証拠品が詰まった箱を持って行ったオ調査官の行方を懸命に探していました。
その箱を見つければジュンオが犯人でないと示せると考え箱も見つけ出しますが、その中には何も入っていませんでした。
箱を用意したのは、ヒギョンが携帯にあったデータをも元に戻すためだったのです。
テホは亡くなった思っていたジュンオが、死んでなかったことを察知したのでした。
テホがソヒを殺した犯人だと世間に話すための会見は、ボンヒの代わりにテホがすることに決定します。
テホはギョンヒにボンヒの代わりに自分が会見に出ると提案したのでした。

 

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-13話あらすじ

自身のことをバレないように動いていましたが、ジュンオが生きていることをテホに知られてしまい、それにびっくりしたテホはそんなことよりも先に多くの証拠が残る携帯を探し始めるのでした。
そしてドパルにジュンオを捕まえろと指示し、ドパルも急いでテヨンとギョンヒにジュンオを食い止めろと言います。
ジュンオは自身が危ない目にあうことなど気にせず、ソヒの携帯の行方を追います。
携帯に残っていたデータを戻すことに成功しますが、ジュンオの元にではなくドパルの手に渡ってしまったのです。
これを知ればジュンオは落ち込むのが目に見えていましたが、テオはドパルから携帯を取り上げ逃げるのでした。
それを知ったギジュンがテオの元に向かいますが、そこには争った際に負傷したテオがいました。
テオが立ち向かったことで携帯はジュンオが手に入れ、ジュンオはテオを急いで病院に搬送します。
携帯のデータを調べ、やはりジェヒョンを殺した犯人はドパルであることを特定するのでした。

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-14話あらすじ

ジェヒョン殺しの犯人が、ドパルであることを証明できるものを見つけたジュンオは一先ず安心しますが、すぐに頭を切り替え事件に関しての本当のことを公表しようと、会見を計画します。
それにあたりジュンオはギョンヒに会いに行き、ある提案を持ちかけます。
会見をしようとしているジュンオのことに感づいたドパルは止めようとしますが、ジュンオに運が巡り、ジュンオに罪がないことを示すことができることを知るジェグクの意識が戻ったのでした。
それを恐れたドパルはゼェグク殺害を計画しますが、秘書であるホハンが自ら立ち上がり、守ったことでジェグクは殺されずに済んだのでした。
ホハンもわざと偽の話をして、ジェグク最後の最後まで保護するのでした。
会見を開こうとするジュンオに立ちはだかるギョンヒでしたが、先回りし手を打っていたおかげで無事に会見をし、証拠として持っていた音声を流すことに成功します。

 

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-15話あらすじ

音声が流れてしまっては困ると思ったテホは、車で逃げようとしますが警察によって見張られていたため、すぐに捕まるのでした。
生存者たちはやっと事件は終わったと確信していたのも束の間、そう簡単にはいきません。
検察側がテヨンが自己判断で動いたことに怒り、またもジュンオに容疑をかけます。
そのせいでジュンオはまた容疑者扱いされ、それだけにとどまらず、テホが尋問中であるドパルに会いに行っていたのでした。
そんなことができたのも、検察が2人が会えるよう許可を出し、ジュンオを犯人に仕立て上げるようにしていたからでした。
テホはドパルに、全部お前がやったことにしろと提案し、それに納得したドパルのおかげでテホは解放されるのでした。
ジュンオは行方を隠していましたが、ジュンオを捕まえるために検察はわざとボンヒを捕まえてしまうのです。

 

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-16話あらすじ

検察がテオについているという過酷な事態でしたが、決意を新たにジュンオは自ら検察に出頭します。
検察はジュンオに話を聞いた後に起訴し、事件の裁判が行われることになりました。
テオまたも作り話を突き通そうとしますが、ジュンオは本当のことを証言する人物を証人として連れて来ます。
証人として来たジェグクはジュンオには罪がないと話し、ソヒのことを殺してなどいない、それが真実だと話し、他の証言も認められジュンオの状況がだんだんと良いものになりつつありました。
反対にテホは話をするたびに信憑性がなくなり、どんどんと雲行きが怪しくなります。
味方だと思っていた検察もテオのことを庇うことができない状態になり、そこにテオの相棒だったはずのドパルがジュンオ側についたことで、本当のことを話してしまうのでした。
それに激怒したテホはドパル殺害を計画し、事故に見せかけて殺そうとしますが、上手くいかずジュンオとドパルはどうにか助かります。
ジュンオはテホにもう罪を増やすことはやめろと話すことにし、自身の悪事を謝罪するならば助けてやると言い、テホはやっと自身の悪事を受け入れることを決めます。
島での事件が暴かれ、ジュンオの罪はなくなり、さらに検察が不当な捜査をしていたこと、テホと共に真実をもみ消そうとしていたことも世間に知られてしまいます。
世間から厳しい目にさらされた検察、事件の真実を検察官や検事たちも処分を受けることになります。
犯人ではないと証明されたジュンオでしたが、これからのことが重要だと改めて気持ちを引き締めます。
無人島でのこと飛行機墜落のこと、これらの出来事を受け止め、逃げ出してはならないとジュンオの顔には強い決意の色がにじんでいました。

 

スポンサードリンク



韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ11話~16話の感想&ネタバレ

テホと共に国ぐるみで罪もないジュンオを罪人に仕立て上げようとするなんて、本当に悪人でした。
ですがこれに負けずに立ち向かっていったジュンオはもちろん、ジュンオを助けようと動いた仲間たちの絆は素晴らしいものでした!
その結果、見事勝利を勝ち取ったジュンオたちですが、無人島で起こった数々の出来事や経験は、きっと彼等たちの人生を大きく変えるものになるはずです。
そんなジュンオたちには強く生きていって欲しいなと思いました!

⇒韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-最終回まで感想あり-全話一覧はこちらです!